読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんちゃって不思議ちゃん

ストレス苦手できままに生きたい私の日記

開かずの間

昨年亡くなった私の父は 生前ボロイアパートを持っていました。

で、そんなアパートに日中からほとんど日差しが入らない部屋があり

入居者のも居なかったため、使わなくなった家具などの物置き場のような

部屋になっていました。

 

積極的に入りたいと思わない部屋でしたが、たまに用事があり

必要な物をとりに行くことはありました。

 

小学校4年の時でした。

用事があり、その部屋に行くと ふと目に止まったのが家庭用のルーレットゲーム。

 

その場に座り、何気にルーレットの蓋を開けて頭に浮かんだ数字、「36」と言い、

ルーレットを回す。

 

カタカタカタカタ・・カタカタ・・カ・タ・・

 

止まったのは36。

「よしよし、36で止まった」

 

「次は7」

カタカタカタカタ・・・カタカタカタカタ・・カタ・カ・・タ

「よしよし、7で止まった」

 

「次は54」

カタカタカタカタ・・・カタカタカタカタ・・・カ・・タ

「お、やった、54」

 

 

 

 

 

 

あれ?

 

私何やってんだ?

 

あれ?

 

え?? 全部当たっていた??

 

ふと我に返り、急に怖くなったので 急いで部屋を出ました。

 

あれからン十年経ちますが、あれは何だったんでしょう?

このこと以外でも 怪しいことがあったのですが

そんな時は、確実に頭の中が真っ白(瞑想状態)になっています。

 

何かに入りこまれている??

誰かわかる人がいらしゃいましたら教えてください(ペコリ)

 

 

 

 

 

 

 

困った時の仏壇参り

私の父が長男だったため、子供の頃から

我が家には仏壇がありました。

 

だから、御線香の香りも大好き

お墓参りも大好きに育ったのですが・・・

 

大人になり俗世間にまみれた私は

困ったことがあるたびに仏壇に手を合わせる人になってましたw

 

で、ふっと気が付いたのですが 何気にお願い事が聞き入れられている?

 

きっと、ジーちゃんバーちゃんは 馬鹿な孫娘を

「どうしようもないね。」と言いながらサポートしていてくれたんじゃないかな?

 

皆さんにも信仰する神様とかいるんでしょうけど、

私の一番近くて私の事を知っていてくれる神様?は 仏壇の中にいます。

 

間もなくお彼岸だな~ お墓まいりいかなくちゃw

 

 

まさゆめ

私の見る正夢には、ある決まりがあります。

 

それは、『生活をしている自分』と『それを見ている自分』の

二人がいること。

 

『それを見ている自分』は、少し高いところから見ていることが多いです。

もう一人の自分を。

 

基本、私は ベットに入ると、ものの数秒で寝てしまうぐらい寝つきが良いのですが、

このパターンの夢を見るときは 「絶対に忘れてはいけない」と意識が働くようです。

 

私自身に関する大切なお知らせ的な内容が多いかな?

10代の頃は このパターンがわからず失敗したこともありました。

それ以降は、ちゃんと連絡いただいたことは心にとどめるようにしています。

 

 

サードアイ

サードアイって聞いたことがありますか?

もしくは、第三の目ってやつです。

よく眉間のところにある『目』というのが一番わかりやすいかも。

 

以前、占い士の方に「サードアイを開いてあげるわよ」と言われ 

それじゃあって事でお願いしたのですが、いざ始めると

「必要ないわね、もう ぱっちり開いているわ(笑)」と言われました。

 

そして その占い師さんに「例えば、勘が良いとかあるんじゃない?」と。

*勘が良い人=第三の目が開いてるわけではないです。

 あくまでも、表現の一部となります。

 

確かに、正夢を見るパターンもだいたいわかっているし、

ちょっとだけ「あれ?勘が良いか?自分」ってときもある。

あ、幽霊系は見たことがありませんが(笑)

 

ただね、勘が良いって 良いことなのか?

サードアイが開いている、と言われた時は、

「へー、そうなんだ」ぐらいにしか思わなかったけど

その当時から 幾分大人になった今、鈍いぐらいが良いんじゃないか?

とおもうこともしばしば。

 

                             続く

 

 

 

振り返り

ほんの少しずつだけど、春を感じるようになってきました。

 

最近、よく聴いている曲 ラルクの『GOOD LUCK MY WAY』のように

周辺が変わりそうなこともあり ブログを始めることにしました。

 

せっかく生まれてきたんだしね、自分も大切にしないと。

 

このブログでは、私の生活を通し いろいろなことを書いていきたいと思います。